前へ
次へ

訃報を伝える際のタイミングや範囲について

訃報の知らせは生活している中で突然来る事は多いですが、同時に自身の身内に不幸が起こる場合もあります。
その場合は身内となる自分達が葬儀の準備を行い、通夜や告別式を行う必要が出てきます。
身内のかたは故人の死を悲しむよりも、葬儀や手続きなどの準備の忙しさに苦労するひとも多いです。
そんな葬儀の準備の1つとして、訃報の知らせを行う必要があります。
今までは自分が訃報の知らせを貰っていた側ですが、故人の身内になれば自分達が訃報の知らせを伝える側になります。
では実際に知らせる際のタイミングですが、より近しい身内の場合は故人が亡くなってからすぐに知らせるようにします。
ですがある程度離れた親戚や知人や友人などは、葬儀の場所や日程などが決まったタイミングで知らせるのがよいです。
あくまでも故人が亡くなった直後に知らせるのは、本当に身近な関係者のみと考え置くと良いです。
ただし通夜や告別式は亡くなってから翌日や翌々日には行われる場合が多いので、その他の関係者の方への連絡も基本的に早目に知らせる事になることが多いです。

Page Top