前へ
次へ

葬儀を行う際の寺院の選び方について

日本の場合は葬儀を取り行う際に、仏式形式で行われることが一般的にとても多いです。
それ以外であれば神式タイプやキリスト式タイプなどもあります。
では実際に身内に不幸があった場合は、親族側が葬儀を執り行うための準備が必要になります。
準備する内容としては通夜や告別式の日時だけでなく、利用する葬儀会社や火葬場への予約の他に寺院への依頼も必要になります。
ただし今まで寺院との関係がなかった場合は、何処に依頼したら良いのか迷うことも出てきます。
その場合はまずは故人がどの宗派だったのかを確認する必要があります。
宗派が決まっている場合であれば、周辺のにある寺院のなかから宗派に関する寺院を選び依頼することが可能です。
ただし故人も決まった宗派などがない場合は、周辺の寺院に事情を説明したうえで、依頼することも可能です。
ひとくくりに仏教と呼ばれる宗教は細かく宗派が分かれているので、色々故人との関わりも含めて宗派や宗旨をきめるとよいです。

Page Top