前へ
次へ

身内に不幸があった際の死亡手続きの方法

身内で不幸があった場合は、葬儀を取り行うために様々な準備が必要となります。
葬儀の形式を選んだり通夜や告別式などを執り行う為の日程などを決める事が必要ですが、同時に必要な手続きなどもあります。
特に届け出の1つとして死亡届けは、亡くなってから7日以内に手続きが必要となります。
そのため出来れば葬儀の準備をしながらも、届け出の準備を行う事も必要になってきます。
実際に死亡届けですが、死亡の事実をしった日から届けが可能となります。
事実をしった対象者としては、基本的に親族や同居者などが多いですが、その他には任意の後見人や家主や地主など様々な人が対象になっていることが多いです。
届け出を出す場所市役所や市町村の役場になります。
提出する先ですが、故人が死亡したあ所や本籍などの他に、届を出す人の所在のある区役所や市役所に役場などが利用できます。
ただし届け出を出す場合には必要な書類があり、それは死亡診断書となります。
死亡診断書は病院で発行してもらうことができます。

Page Top