前へ
次へ

葬儀の際の日取りや形式の決め方について

身内で不幸があった場合は、身内側が葬儀を執り行う側になるので様々な準備が必要になります。
ですが葬儀自体は毎年あるわけでもなく、突然起こることが多いのでどのように準備したらよいのか分からない事も多くあります。
特に葬儀の日程の決め方らや形式の選び方をどうしたらよいかわからない場合もパリます。
まず基本的に葬儀は人がなくなってからすぐに執り行われると考えておくと良いです。
利用する葬儀会社や火葬場などの予約によって多少ずれますが、基本的には通夜は故人が亡くなった当日や翌日には行われることが多いです。
告別式は基本的に通夜の翌日には執り行うので、日時などを決める場合はとても早いと認識しておきます。
また形式の場合ですが本家などお墓を所有してる家庭であれば、お寺などがすでに決まっていることが殆どです。
そのため形式も今までと同じ形として決めることができます。
それ以外で初めて葬儀をする家庭の場合は、葬儀会社と相談しつつも自分達で自由に決めて問題はありません。

後悔のない葬儀を堺市で行うなら

家族のみでお葬式をお考えなら
こちらにご連絡ください

Page Top