前へ
次へ

葬儀の際の喪主の決め方について

葬儀に参列したことがある人であれば認識している場合が多いですが、葬儀を執り行う為には喪主を行う人が必要になります。
基本的に故人の身内の方が行いますが、実際に喪主はどのように決めたらよいのか迷うことも多いです。
まず喪主の役目ですが、葬儀を執り行う際に弔問を受けるのがメインの仕事となります。
そのため家の代表者と言う事になるので、より故人とは近しい間柄の人がなることが基本となります。
そのためもし故人が結婚をされている人であれば、喪主を務めるのは配偶者が一般的に行います。
ただし故人の配偶者が高齢の場合や入院中など喪主を執り行うことが出来ない場合は、故人の子供が行うことになります。
また配偶者が既に亡くなっている場合でも、故人も子供が喪主になることが多いです。
ただし一般的に喪主は故人の近しい人という事になっていますが、明確な決まりは無いので状況に応じて喪主を誰にするかを決めることが出来ます。
また故人が生前喪主を誰にするか指名している場合もあります。

Page Top