前へ
次へ

葬儀に参列する前の気をつけたいNGなマナー

葬儀には気を付けておきたいNGマナーがあります。
親しい間柄であっても、訃報の知らせを受けて深夜に弔問することは避けるようにします。
また葬儀までの時間を過ごしている家族は、悲しみの中葬儀までの準備などで取り込んでいます。
お悔やみの言葉を電話で伝えることはNGです。
葬儀の参列しているときに直接伝えたり、参列できないときには弔電を打ってお悔やみの言葉を伝えるようにします。
また葬儀前の遺族は忙しいだけでなく疲労も蓄積しています。
近隣に住んでいるなど事前に訪問することになっても長居せずに、お悔やみの言葉を伝えて早めに御暇するようにします。
生前親しくしていた人や近親者、近所の場合には何か手伝えることがあるかを伝えてから早めに御暇して、手伝えることがあったら進んで手伝うようにします。
故人との対面をお願いすることは配慮に欠けているため避けるようにします。
遺族から勧められた場合のみ対面することがマナーとなっています。

Page Top