前へ
次へ

葬儀を無宗教で執り行う場合のポイント

日本は昔から信仰されている宗教として、殆どが仏教と考えてよいです。
また同じように信仰されている宗教の1つは神道もあります。
そのため葬儀を執り行う際の形式としては、仏式タイプや神式タイプが一番多く行われています。
なので自分自身が社会人になって葬儀に参列する際に、やはり多いのは仏式や神式が殆どになります。
中にはキリスト教なども最近は増えてきている形式の1つとなります。
そんな中で日本で増えてきている形式の1つとして、無宗教タイプの葬儀があります。
実家は仏教とでありお墓や仏壇などがある家庭は多いですが、若い世代のなかではさほど宗教にこだわりがないという家庭も多くなってきています。
そのため葬儀を行う場合でも無宗教で行いたいと言う家庭も増えてきています。
では実際に無宗教で葬儀を執り行う場合ですが、ポイントになるのが葬儀社選びになります。
無宗教形式の場合は葬儀社のなかでも全てが経験のある事ではないという点があります。
そのため葬儀社に依頼する場合は無宗教形式を執り行った経験のある業者を選ぶと、安心して式を執り行うことができます。

Page Top