前へ
次へ

納得できる送り出しのためにも準備は重要

訃報は突然起きることもあり、準備が不十分で故人を送ることもあります。
万が一のときに慌てないためにもある程度の準備が必要です。
葬儀の形式はいろいろありますが、信仰していた形式で送ることが一般的です。
宗教が決まっていないときには、生家や嫁ぎ先の宗教で行うため事前に家族で話し合っておきます。
故人の宗教を確認し、菩提寺があるときには連絡してから、葬儀のことや戒名の打ち合わせを行っておきます。
故人と家の宗教が違っているときには家族や菩提寺と打ち合わせを行い、納骨はどこで行うかを決めておきます。
葬儀の規模は参列する人数がポイントとなります。
故人の遺志が一番重要になりますが、他にも社会的地位や生前の友人知人などの交際範囲から大体の人数を割り出します。
祭壇や棺などの必要なものから、食事の内容や返礼品などで予算が変わってきます。
予算を決めるときには規模や故人の希望などによっても大きく異なります。
葬儀社を選ぶときには、信頼できる会社を選ぶ必要があります。
余裕を持って準備ができると複数社から内容や金額などから検討することができます。

Page Top