前へ
次へ

葬儀前の遺体の安置場所について

日本では昔から葬儀を執り行う場合にぶ仏式タイプの葬儀が行われていましたが、その際に故人の遺体を自宅に一時安置する場合がとても多いです。
これは昔からの風習とも言える習慣であり、最後は自宅で最期を見送りたいという意味も込められています。
実際んい自宅に安置する場合ですが、地方などの場合は一戸建てなどが多いので問題なく安置する事ができます。
ですが生活している自宅が戸建てでない場合、マンションやアパートの場合もあります。
そのため状況によっては葬儀前に故人を安置するために、部屋を利用することが難しいという場合もあります。
棺自体がエレベーターに入らず運べない場合や、周りの住民などに配慮して遺体の搬入を控えたいという考えもあります。
そんな時は葬儀会場となる葬儀社で、安置場所を提供してもらえることが多いです。
そのため必ず自宅に安置しなくてはいけないと言うわけでないので、状況によっては早くに葬儀社に相談することで遺体を安置してもらうことができます。

Page Top