前へ
次へ

葬儀の際に飾ることができる花について

葬儀に参列したことがある人は見たことがあると思いますが、葬儀会場は多くの花が飾られています。
ただし葬儀自体は故人との最後のお別れの場となるため、お祝いというイメージにならないようにすることが重要です。
そのため基本的に飾られる花は故人の死を慎む意味を込めて、色は白い色をメインに使用されていることが多いです。
カーネーションやユリに菊の花などが多いですが、全ては基本的に白い色の花が選ばれています。
ですが中には故人の好きな花を飾りたいという親族の方も多くいます。
基本的に故人の死を慎む場ということで落ち着いた白色の花が選ばれていますが、絶対そうでなければならないというルールがあるわけではありません。
そのため故人が生前好きだった華やかな花を飾ることも、実際は問題なく行う事はできます。
ただし会場全体を全て華やかな花で飾るということはせず、遺影の周りだけ華やかにしたりお棺にいれる花を華やかにするなど工夫されることが多いです。

Page Top